このページのトップ

RSS株式会社ベルモ

ホーム > CSR > CSRトップページ

CSR

Corporate Social Responsibility

CSRトップページ

企業の社会的貢献(CSR)を行う目的と理由、方向性

弊社は2000年に会社を設立し、2001年春からインターネット販売を開始いたしました。
あるきっかけにより、2004年8月からお金による募金をおこなってきましたが、小さな会社なので、すぐに、寄付できる金額の壁にぶち当たりました。

また、売上が減少し、その少額の募金ですらストップした時期もあります。

その数年前の、会社の悪い時期にいろいろと考えるところがありベルモが寄付をすることと並行して、飢餓や世界の問題の情報を、得意なインターネット上で、発信していこうと考えました。(社会貢献を行う団体を紹介するサイトを数年前オープンしました)

CSRページや、これから立ち上げる予定の世界の問題・飢餓の情報を発信することの目的ですが、1社でも多く、それらの情報を得て、寄付等をする法人が増えればいいなと思っております。また、その法人がさらに飢餓、世界の問題などの情報を発信していけば、社会全体として大きく貢献できる可能性が、さらに高まるものと考えます。
また、弊社が今後、何か仕組みやサービスを提供する場合、それを見て、他社が真似をしやすいものを積極的におこなっていきたいと思います。

世界の問題・飢餓の情報配信サイトの目的になりますが、以下になります。

  • ベルモが得意なITを駆使し、飢餓・環境など世界の問題の情報を広める面での社会貢献
  • ベルモが情報を発信し、1社(1人)でも多く、新たに「募金」をする法人(個人)が増えていくことのお手伝い
  • ベルモが情報を発信し、1社(1人)でも多く、新たに「飢餓・世界の問題などの情報を発信」する法人(個人)が増えていくことのお手伝い
  • ベルモで働くスタッフの心の成長
  • 「社会に貢献をする法人」と「利益を追求する法人」としての裏表両面の調和・融合への挑戦

私個人としては、このようなことは黙っておこなうことが理想と考えていましたが、私どものような小さな法人が、社会に対して貢献しようと思い、そのような姿を社会にさらすことで何かしら貢献できるのであれば誰でもが見れるインターネット上での公開という形も本望と考えるようになりました。

私自身、善人ではありませんし、趣味もあり、家族や親戚の幸せも考えています。それを実現するためのお金も好きですし、至って普通の人間ですが、それを否定せず、受け入れた上で、私自身、ベルモスタッフの今現在の、おのおのの立ち位置から前へ、出来ることを探して、一歩を踏みしめたいと考えております。
社会への貢献は、私自身、ベルモのスタッフ、一法人として、みずからへの挑戦でもあります。

会社でおこなうサービス自身が社会に貢献しているというのは必要条件であり、十分条件ではないと、未曾有の経済不況、破壊された環境、その他世界の諸問題などが示しております。

経済活動の構造・仕組み自体の変化が求められていると思います。

この100年に一度の経済不況は経済の面ではマイナスですが、人の心の成長の側面ではプラスになるものだと信じています。

ベルモが行う世界の飢餓・問題への貢献とその方向性

(1)今の立ち位置から無理をせず、継続的に行うことができること
(2)eコマースを通じて、継続的に社会貢献にお金が流れる仕組み作り
(3)他社が真似をしやすい社会貢献モデルを作り、裾野を広げる
(4)社会貢献を通じてベルモで働くスタッフの心の成長を実現する
(5)得意なインターネットを通じて、スタッフのアイデアや時間の寄付も行う。お金とお金以外の貢献を行う。

ホーム会社案内事業概要CSR採用情報お問い合わせ

ページの先頭へ戻る